【第2回雑貨大賞】応募は9/15(火)締切です!で、昨年受賞してどうでした?


こんにちは、雑貨大賞実行員会です。

今年も開催することになりました雑貨大賞(こちらでの告知が遅くなってしまい申し訳ありません…)、
作品&アイデア募集は、9/15(火)締切です。

昨年大賞・優秀賞に選ばれた雑貨は、メディアにもたくさん取り上げていただきました。
なかでも、「鳥のうんちシール」はいまだにテレビや雑誌から「番組で紹介したい」と
お問合せいただくほどの反響をいただいています。

torinounchi

鳥のうんちシール 540円(税込)

今回は、その「鳥のうんちシール」を作った本木さんにお話を聞いてみました。

本木礼夫冴さん

本木礼夫冴さん

――どうして雑貨大賞に応募したんですか?

卒業制作で制作した作品を学内だけでなく学外に向けて発信し、評価を得たいと思い応募を決めました。
(※本木さんは、応募時、工業大学の大学院に通う学生さんでした)

――雑貨大賞で受賞して、なにかよかったことありましたか?

多くの人から良い評価をもらえて、結果として優秀賞を受賞したこと自体が良かったことですが、
なにより商品化がとても嬉しかったです。
(上位入賞作品は、副賞としてヴィレッジヴァンガードが全力で商品化のサポートをさせていただきます!)
また、製品化するまでのプロセスに大きく携わることができ、学生生活では経験することのできない貴重な経験をたくさんさせていただき、非常に良い刺激になりました。

――今後の、ものづくりやクリエイティブな活動について、夢や目標を教えてください。

世の中に嬉しい驚きを提供できるような作品を生み出し続け、シリーズ化して行きたいです。
そしていつかは、起業したいと思っています。
雑貨大賞での受賞をきっかけに、起業という目標に向けて一歩前進した本木さん。
今後も活動に注目ですね!

こんなふうに、ひょっとしたら応募してくれた方の人生を変える、かもしれないコンテスト・雑貨大賞。
今年の応募は9月15日(火)締切です。
ご応募お待ちしております!!

雑貨大賞公式サイト http://www.zakka-awards.jp/

 


雑貨大賞インタビュー07 owaritohazimari様


こんばんは!
金曜日ですね!あと少しでお仕事も終わりでしょうか?

こちらでは、引き続き、クリエイターさんへものづくりについてお伺いしたインタビューをご紹介させていただきます!

第7弾は、owaritohazimari様 

お店には≪しゃぼん玉ピアス≫が並んでおります。

11_しゃぼん玉ピアス_350dpi

ガラスでできたしゃぼん玉ピアス。

割れないしゃぼん玉が
        あったらいいな、という願いから このピアスを作りました。

シンプルな形なので、どの洋服にも合わせられます。

****
1つ1つ、形もほんのりしたガラスのカラーも本当に繊細で素敵なんです!
このピアスをつけて、ピクニックに行きたいですね!

ではでは改めて、お伺いしたいと思います!

【1】ものづくりを始めたきっかけはなんですか

お気に入りのアクセサリーをつけて鏡をみつめる女の子の瞳は
どこかたくましくキラキラしています。

そんな女の子の特別な気持ちに寄り添えたらいいなと思い
アクセサリーをつくりはじめました。

いつかowaritohazimariを身につけている人とばったり街中で出会えたらいいな。

【2】一番好きな雑貨をおしえてください。それはなぜですか?

IMG_9843

最近購入したロンドンのヴィンテージバッグ。
古いものがすきで少しずつ集めたりしています。
世界中のかわいいものを集めていつかお店を開きたいです。

【3】一人一人の世界観が魅力のクリエイター作品、そこで、
ご自身の作品の(世界観)こだわりを教えてください。

非現実的でぞくぞくする、それどこで買ったの?と言って貰えるような
アクセサリーをつくっていきたいです。

****owaritohazimari様、ありがとうございました!
お店では、ピアスと共に、イヤリングも販売しております!
これからの季節にピッタリなので、是非店頭で見てみてくださいね★
これからも、owaritohazimari様の世界観溢れる商品を楽しみにしております!

ありがとうございました!

展開店舗はこちらからチェック
⇒http://www.zakka-awards.jp/goods/


雑貨大賞インタビュー06 JISS様


おはようございます!
店頭では、まだまだ絶賛販売中!!!

引き続きこちらでは、クリエイターさんへものづくりについてお伺いしたインタビューをご紹介させていただきます!

第6弾は、JISS様 

お店には≪定規バングル≫≪基盤を使ったアクセサリー≫が並んでおります。

≪定規バングル≫

定規バングル

本物の定規を使ったバングル。

日常使いでもオシャレで存在感抜群、何より本物の定規なので
「あ、ちょっとここ、測りたい…」という時などにも、もってこいです!

実際に使って頂いている例では、
美容師の方で「**㎝切ってください」というお客さんのオーダーの際に
とても重宝している、との声を頂いております。

≪基盤を使ったアクセサリー≫

基盤イメージ

 本物の基盤を使ったアクセサリー

基盤に蛍光色のアクリルをプラスして、
基盤の生々しさを消しつつ、でも基盤であることを生かしつつ、
よりいろいろな方に着けて頂けるようなデザインにしました。

肌に触れる部分はすべて樹脂コーティングされているので、
万が一の肌のかぶれの心配もありません。  

****
定規のバングル…オシャレすぎ!もし、基盤のアクセサリーをつけた女の子を見つけたら、
深くお話してみたいなって、興味がわきますね~。

ではでは改めて、お伺いしたいと思います!

【1】ものづくりを始めたきっかけはなんですか?
高校時代に美術の授業で銀粘土や彫刻等を体験して、もっと作り込みたい、しっかり勉強したい!
と思うようになり、それがきっかけでアクセサリーの専門学校に入学しました。
本格的に今のようなアクセサリーを作るようになったのはそれからです。

【2】一番好きな雑貨をおしえてください。それはなぜですか?

IMG_3329 2

LEGOのグッズが好きです!
8bitなものが元々好きで、ついつい可愛くて集めてしまいます!

【3】一人一人の世界観が魅力のクリエイター作品、
そこで、ご自身の作品の(世界観)こだわりを教えてください。

私は「本物の素材」を使うことに意味があると考えていて、
例えば自作の定規を曲げてバングルにするより、本物の定規を使ったほうが、
よりチカラがあって面白いと思うんです。
日常で使うアクセサリーの楽しみ方だけでなく、アートとしても楽しめる、
そんなものづくりができたらと思っています。

****JISS様、ありがとうございました!
実はまだまだ色々と種類があるんですよ~お話を聞かせていただいた時に見せてもらいました。
基盤のアクセサリーは、2つと同じ柄の基盤はないので、是非店頭で見てみてくださいね★
これからも、JISS様の世界観がつまった商品を楽しみにしております!

ありがとうございました!

展開店舗はこちらからチェック
⇒http://www.zakka-awards.jp/goods/


雑貨大賞 インタビュー05 I am Pan.様


少しずつ春の兆しが見えてきた今日この頃…

こちらでは、引き続きクリエイターさんへものづくりについてお伺いしたインタビューをご紹介させていただきます!

第5弾は、I am Pan. 様 

お店には≪はしごピアス≫が並んでおります。

8_はしごピアス_350dpiNEW

 ちいさなはしごを、耳に掛けちゃいました。

ピアスのキャッチがパールになっているので、 前後逆につけても楽しめます。

パールを盗みに、ちいさなちいさなコビトが やってくるかもしれませんのでご注意を。

****
こんなかわいい、はしごを耳につけている、女の子がいたら、好きになっちゃいそうです!
それでは、お伺いしたいと思います!

【1】ものづくりを始めたきっかけはなんですか?

もともと絵を描く事や、手を動かして何かを作る事が大好きだったのですが、
素敵なアクセサリー作家さんに出逢ったことで、
アクセサリーに興味を持つようになりなりました。
それを機に彫金を始めてから、本格的にオリジナルの作品を作るようになりました。

【2】一番好きな雑貨をおしえてください。それはなぜですか?

tobi-03

跳び箱のブローチ。

ホンモノみたいな跳び箱を胸元につけていると、
みんな驚いてくれて、つけている方も見る方も楽しめるので
最近のお気に入りです。
いつでも胸に跳び箱を!

【3】一人一人の世界観が魅力のクリエイター作品、
そこで、ご自身の作品の(世界観)こだわりを教えてください。

かわいいが大好きな方々に、ワクワク クスクスしてもらえるような、
そして自分自身も作っていて楽しくなるような作品づくりを心がけています。
I am Pan.のアクセサリーで、
おでかけがいつもよりちょっぴり楽しくなりますようにと願いを込めて。

****I am Pan.様、ありがとうございました!
I am Pan様が作りだす商品は、ワクワクした世界観が背景にあって、
とてもハッピーな気持ちになります!

これからも、I am Pan.様の世界観がつまった商品を楽しみにしております!

ありがとうございました!

展開店舗はこちらからチェック
⇒http://www.zakka-awards.jp/goods/


雑貨大賞インタビュー04 Handmade Jewelry KU:様


こんにちは~!
店頭販売、絶賛販売中でございます!!!

こちらでは、引き続きクリエイターさんへものづくりについてお伺いしたインタビューをご紹介させていただきます!

第4弾は、Handmade Jewelry KU: 様 

お店には≪BIG!!な苺コットンパールケーキリング≫※実際は仕様が異なります。
≪夜に輝く(蓄光)氷河の青の洞窟オーロラリング≫が並んでおります。

≪BIG!!な苺コットンパールケーキリング≫
6_BIGな苺コットンパールケーキリング_350dpi

こんな超ウルトラビッグな
コットンパールがケーキになって、 さらに指の上に乗っかっちゃってます。
もう食欲の秋を刺激しまくりです。

お腹が空いたら眺めてください。……もっとお腹が減っちゃうかも!?

≪夜に輝く(蓄光)氷河の青の洞窟オーロラリング≫

7_夜に輝く蓄光)氷河の青の洞窟オーロラリング_350dpi

━━指の上の小さなスペースに
          異空間があったら。━━

あなたは何を思いますか。
氷河に漂う氷山の一角にできた洞窟に、 天空のオーロラが映り込む様子を想いながら作りました。

氷山や海水の深層まで幾重にも混ぜた蓄光が、奥行きと幻想的な光りを放ちます。
本当に綺麗で暗闇でいつまでも眺めていたい指輪です。

私の行ってみたい、体験してみたい場所を、全部盛りしました。
こんな「小さな旅」もたまにはいいのではないでしょうか。  

****
オーロラリング、暗闇で光る姿はキラキラとても綺麗で、感動ものです!
それでは、お伺いしたいと思います!

【1】ものづくりを始めたきっかけはなんですか?

癌になって手術して治ってハタと自分の人生を振り返った時、
なんてつまらない生き方をしてきたんだと思い、ふらりとヨーロッパへ旅に出て、
斬新な色遣いや伝統民芸を見たら自分でもやってみたくなって、
とりあえず刺繍してみたところ専門書に載ったことから調子に乗って販売を始めたけれど
金属アレルギーで針が持てなくなって断念。
そんな時、親戚のおじいちゃんに天然石のブレスレット作ってくれと言われて渡したら喜んでくれ、
アクセサリーひとつにも心動かす大切な役割があるんだと知ってからトリコになり、
実は嫌いだったアクセサリー作りがいつしか本業に。人生はなにがあるかわかりません。

【2】一番好きな雑貨をおしえてください。それはなぜですか?

DSC01343

桜の香りグッズ。桜ティーと桜ゼリーが飲みたくて食べたくて、やっぱり作ってしまいました。
桜茶&桜ゼリーピアスです。拙品ですが見ているとモチベーションがアップします。

【3】一人一人の世界観が魅力のクリエイター作品、
そこで、ご自身の作品の(世界観)こだわりを教えてください。

アクセサリーを作っている感覚はあまりないかもしれません。
幼少時の記憶や憧れの場所、今食べたいもの、夢に出てきた場所など、
その感動やメッセージを、制作するアクセサリーで表現できたら面白いなと思いながら制作しています。

****Handmade Jewelry KU:様、ありがとうございました!
Handmade Jewelry KU:様の作品は、とても想いがつまっていて、お話を
聞いた時も沢山こだわりを聞かせていただき、本当に楽しかったのを覚えております。
オーロラリングのキラキラは、是非店頭で見ていただきたいです!

これからも、Handmade Jewelry KU:様の世界観がつまった商品を楽しみにしております!

ありがとうございました!

展開店舗はこちらからチェック
⇒http://www.zakka-awards.jp/goods/


雑貨大賞インタビュー03 GranDolce100つばき様


雑貨大賞第一弾!
ただいま絶賛店頭販売中です~!

そんな中、こちらでは、クリエイターさんへものづくりについてお伺いしたインタビューをご紹介させていただきます!

第3弾は、GranDolce100つばき様 

お店には≪「サプライズが成功するかも」な指輪ケース≫が並んでおります。

5_「サプライズが成功するかも」な指輪ケース_350dpi

例えば…
今日は特別な日。彼と食事にレストランへ。
最後のデザートの前に、お手洗いに行って帰ってきたら、
あれ?ホットケーキがテーブルの上に。

でも、なんか違う。彼に催促されて恐る恐る、
ホットケーキのフタらしき部分を開けると

                 …指輪が!?

download

サプライズの演出が苦手な方がどんなシチュエーションでも、
ぶっきらぼうに渡しても、プチサプライズができる指輪ケースです。

****
サプライズに使えるような指輪ケースにしちゃうなんて、発想が素敵すぎます!!
是非男性の方、使ってみてくださいね★

それでは、お伺いしたいと思います!

【1】ものづくりを始めたきっかけはなんですか?
もともと、造形や絵を描くことが小さいころから得意でしたが、
だからと言ってアートには興味がなかったんです。
なのに、趣味で何かやりたいと10年以上、ずっと漠然と探していて…。
そんな時、3年前にスイーツデコの体験をしたときに、「これだっ!」というのを感じ、
一気にのめりこんでしまったんです。
また、幸いすごく上手な 方が近くにいて、裏技をいっぱい教えてくれたことで、
もっと上手になりたいという欲求に拍車がかかりました。

【2】一番好きな雑貨をおしえてください。それはなぜですか?

パフェのペン立て

自分の作品になってしまいますが、「パフェのペンスタンド」です。
理由は、他のフェイクスイーツ作家さんは、まず作ってないから(苦笑)
自分でもよく作ったなぁと思うのですが、これ、オフィスに置いていたら、
相当インパクトあると思うんです。
ペン立てって、素気ない容器が主流だと思うので。

【3】一人一人の世界観が魅力のクリエイター作品、
そこで、ご自身の作品の(世界観)こだ わりを教えてください。

単にデコる、単にかわいい。それでもいいのですが、
そこに「驚き」と「透明感」を取り入れているのが、私の作品の傾向だと思います。

「驚き」は、一瞬見ただけでは、何か分からないのだけど、あれこれ探ってみると
「あ、これ入れ物じゃない!?」みたいなワンアクションの楽しみがあること。
「透明感」は、そのまんまですが透明感のあるフルーツを取り入れ、
しずる&キラキラで大人っぽく上品に仕上げること。

他のフェイクスーツ作家さんが作れないものを模索していたら、
いつの間にかそうなっていました(汗)。
まだまだ、開発されてないフェイクスイーツの雑貨がもっとあると思うので、
これからも模索していきます。

****GranDolce100つばき様、ありがとうございました!
透明感すごいんです。じっくり見ても、本物かと見間違うくらい。
是非皆様、店頭でチェックしてみてくださいね~!

これからも、GranDolce100つばき様の楽しいフェイクスイーツ雑貨を楽しみにしております!

ありがとうございました!

展開店舗はこちらからチェック
⇒http://www.zakka-awards.jp/goods/


雑貨大賞インタビュー02 mario様


店頭販売、本日開始です~!

そんな中、こちらでは、クリエイターさんへものづくりについてお伺いしたインタビューをご紹介させていただきます!

第2弾は、mario 様 

お店には≪自分で作るトートバック≫が並んでおります。

4_01自分で作るトートバック_350dpi001img-asobi-jibundetsukuru

“缶バッチとトートバックのセット。
缶バッチの組み合わせを変えれば何通りものオリジナルトートバックに変身します。

組み合わせが一緒になった人とは運命かも★ なんて話のネタになるあそび雑貨です。

****

自分のお気に入りのバッチや、ピンズをつけたら、オリジナリティあふれるトートになりますね★
発想が素敵です!
それでは、お伺いしたいと思います!

【1】ものづくりを始めたきっかけはなんですか?

自分のイラストやデザインを知ってもらう為に、つくり始めました。

【2】一番好きな雑貨をおしえてください。それはなぜですか?

zakka

マスキングテープ
日常絵を描くときの一部行程で使っていたものが、
今やデザインを変えて色んな使われ方をしています。
見方を変えるだけで雑貨も変化するのだなと関心しました。

【3】一人一人の世界観が魅力のクリエイター作品、
そこで、ご自身の作品の(世界観)こだわりを教えてください。

日常に会話のきっかけになるような、
おもしろ可笑しい、そして可愛いものをつくるよう、心がけています。

mario

http://marioworks.jimdo.com
http://ekakiyamario.tumblr.com

****mario様、ありがとうございました!
確かに、このトートバックを持っていると、友達と会話が弾みそうですね!
marioさんのイラストや、雑貨は上記のHPよりご覧になれます。
皆様チェックしてみてくださいね~!

これからも、marioさんの想いが溢れる、ワクワクする商品を楽しみにしております!

ありがとうございました!

展開店舗はこちらからチェック
⇒http://www.zakka-awards.jp/goods/


雑貨大賞インタビュー01 tuan tuan様


本日より、クリエイターの皆様にものづくりについて、お聞きしたインタビューを連載してまいります。

第一弾は、tuan tuan 様 

お店には≪tuan tuan clutch bag -13inch-≫が並んでおります。

1_tuan tuan clutch bag -13inch-_350dpinew

ベトナムの飼料袋を使ったアップサイクルの作品です。
素材そのままのPOPなデザインを生かし、あえてラミネートしません。

裏地にカラフルな帆布、中には緩衝材が入っています。
開閉が挿し込み式なのでとてもスタイリッシュです。
1つ1つ手作りしているので同じ物でも微妙に違うオンリーワンです。

****

それでは、お伺いいたします。

【1】ものづくりを始めたきっかけはなんですか?

小さい頃から絵を描いたり工作したりすることが好きでした。
そのまま自分の好きなことを続けていたら、ものづくりの道に進んでいたという感じです。
特別にこれがきっかけです!ということは思い当たらないです。

【2】一番好きな雑貨をおしえてください。それはなぜですか?

難しい質問です。笑
好きな雑貨は色々あるのですが選びきれないので、
この場をお借りしてtuan tuanの他のアイテムをご紹介したいです。
欲張りで申し訳ないのですが、3つこ紹介させてください。

1,oval type
最近できたアイテムで、底が楕円形をしている少し小さめのトートバッグです。
パッチワーク的に色々な袋のパーツを組み合わせているので、全て1点ものになります。
ありそうであまりなかったサイズ感で、内ポケットもしっかり付いているので、春夏に使いやすいアイテムです。

ああ

2,mini type
中にペットボトルホルダーが付いたミニトートバッグです。
些細なことですがホルダーが付いていることで、荷物がごちゃごちゃにならず、とても使いやすくなっています。
お散歩、ランチバッグ、ジム等に最適なアイテムです。

2,mini type

3,brooch
フィルムを貼っていない、袋の素材感をそのまま味わえるブローチです。
キャラクター、文字、バイカラー、アイコンなど様々な種類があります。
57mmと大きめのサイズで、ワンポイントになるものになっています。

3,brooch

【3】一人一人の世界観が魅力のクリエイター作品、そこで、ご自身の作品の(世界観)こだわりを教えてください。

tuan tuanのアイテムを考えるときに一番大切にしていることは、袋の素材感をそのまま感じれるようにすることです。
袋をラミネート加工した方が色落ちもしないし、袋がほつれにくくなるので、質を保つのに良いと思います。
しかしこの少しガサついた感じを直接味わえるからこそ、他にはない魅力になっています。
ラミネート加工だけでなく、バックルやファスナー、ナイロンテープなどを使わないのもこだわりの一つです。
たくさんの素材が混ざり合うとごちゃごちゃとしていき、どこが魅せたいポイントなのか散漫になります。
クラッチバッグの開閉の仕方は、このこだわりから生まれた方法でした。
雑貨大賞では審査員の方々に、このこだわり続けたポイントを評価してもらえたのでとても嬉しかったです。
買う側の人には伝わりにくい些細なこだわりかもしれませんが、知らず知らずのうちに心に伝わっていると思うので、
これからもこのこだわりを続け、他にはない魅了を出したアイテムを作っていきたいと思います。

****tuan tuan様、ありがとうございました!
ご自身の作品への愛とこだわりがすごく伝わってきますね。
また、伝わりにくいこだわりかもしれないけれど、あえて大声で言わずとも、
知らず知らず伝わっているというのは、本当に素敵な事だと思います。

これからも、tuan tuanさんにしかできない、あたたかい商品を楽しみにしております。

ありがとうございました!


3月5日雑貨大賞一部商品、店頭販売開始!


皆さん、お久しぶりです!!

なんとなんと、HP画面が変更になり、お気づきでしょうが…、
雑貨大賞に応募いただいた中で、一部商品の店頭販売が、開始となります!!!

第一弾はこちらの方々です。

3月5日販売

限定販売なので、皆様、グッときたらお早目に要チェックです!

同時に店頭で配布開始になる、
第一回雑貨大賞の紹介リーフレットの中身を少し公開…

IMG_0682

店頭では、リーフレットが無料でもらえますので、
是非お店にいらしてくださいね!

そしてそして!
素敵な世界観で、我々を魅了してくださるクリエイターさんへ、
気になることを聞いてみました。

本日より、クリエイターさんのインタビューをこちらにアップしてまいりますので、
皆様是非ご覧くださいませ~

*******

展開店舗はこちら!

ブルービートヴィレッジヴァンガード店
東京都   渋谷宇田川店
東京都   下北沢店
神奈川県  横浜ルミネ店
愛知県   名古屋中央店
京都府   新京極店

ヴィレッジヴァンガードオンラインサイトはこちらまで
http://vvstore.jp/


心をくすぐる「むふふ」を創ってみませんか?


 

そんなわけで明日結婚式をむかえる友人へ「むふふ」、つくってみました。

そんなわけで明日結婚式をむかえる友人へ「むふふ」、つくってみました。

さて、雑貨大賞もなんだかんだいって締め切りまで日が浅くなってきました。
今日は『応募してみようかな、』なんて思ったもののなんだかそのままになってしまっているあなたに向けてblogをお送りしたいと思います。

”ものをつくる。雑貨をつくる。”

「創る」ということをなんだか難しく捉えてしまって、

『そんなに器用じゃないし、センスがあるわけでもないし。雑貨は好きだけど、応募はいいや。
でも本当は、ものをつくるの好きなんだよね。

なんて思っている方、いませんか?
実は雑貨大賞ではそんな方にこそ、ぜひ応募していただきたいのです。

運営スタッフのわたしも実際そんなひとりでした。

普段は出版社で働いたり学生をしてみたりとものづくりと密着しているわけでもないし、デザインを学んだこともない。でもこつこつアクセサリーをつくってたまに友だちに褒めてもらえると『これ自分でつくったんだ』って言えるのが、本当はめちゃくちゃ嬉しい。

でもこの雑貨大賞が求めているものこそ、そんな日常の「むふふ」なのです。

なくてもいいんだけど、そこにあったらなんだか心が和んで、思わず手が伸びて、触ってみたらすごく愛着がわいて、いつのまにか自分の空間になくてはならないものになってしまう。

会ったこともないけど、この雑貨のクリエイターと会ったらものすごく気が合うんだろうな。と思わせる個性・感性・オリジナリティ・クリエイティビティ。

私たちが求めているのは、まさにそれなんです。

どうですか?やっと来た週末、ビール飲んで寝ちゃおうかと思ったところにちょっと創作意欲が湧いてきましたか?そんな上から目線で・・なんて怒らないでください。だって今回はヴィレッジヴァンガードさんの協力なサポートをもとに、各賞受賞者は自分の作品を商品化できるチャンス!
もしかしたら、今日何の気なしに創ったそれが巷のホットな流行を創りだすかもしれないのです。
『え?彼女にプレゼントされたコレのデザイナーなの!?』なんて会話、「むふふ」ですよね。

さて、そんなビッグチャンスの応募締め切りは10月8日(水)

今日はちょっと夜更かしして、未来の誰かへのプレゼントを用意してみませんか?